歯周病対策には歯磨きが基本

歯周病は30代になると起こりやすい歯茎の病気です。
人間の歯を支えている骨である歯槽骨が溶ける事によって起こります。
歯槽膿漏とも言われている病気ですが、一度なってしまうと骨を元通りには出来ないのです。
歯を支えている土台の歯茎が弱って、歯がグラグラしたらもう手遅れです。
普段の生活の中で、歯周病は予防する事が大切です。
歯磨きによる予防が基本で、正しい歯磨きが出来ているか歯医者で確かめてみましょう。
歯周病の原因のプラークが除去されていないと、正しい歯磨きが出来ているとは言えません。
歯周病対策用の殺菌作用がある歯磨き粉を使うようにすると、より効果的です。
しっかりとした歯磨きで、歯周病になるのを防ぎましょう。

Comments are closed.