Monthly Archives: 10月 2013

歯周病の簡単な説明とアドバイス

わたしは、以前歯周病になりかけた経験があります。一応、歯は毎日磨いていたのですが歯周炎になってしまいました。その時に色々調べてみたことを紹介します。まずはじめに、歯周病とは歯と歯の間の歯周ポケットにに溜まってしまった歯垢に細菌が含まれていた場合に発症する可能性がある病気です。そして、歯周病には大きく分けると2種類あります。1つ目は、歯周炎でこれは歯磨きで完治することが可能ですが歯科医院に行くことをお勧めします。2つ目は、歯肉炎でこれになってしまうと腫れて出血したり歯磨きの際に激しい痛みが生じます。このような症状にならないために大切なことは、毎日欠かさず丁寧な歯磨きを心掛けることがとても重要です。そして、少しでも歯茎が腫れたり痛みがある場合は、早急に歯科医院に行って相談してみてください。放置している手遅れになる人も多いので注意が必要です。

口臭対策はやっぱり歯磨きが基本です

口臭というと中年以上の男性が気にするもの、というイメージがありますが、若い女性でも
「もしかして私の口、臭ってないかな?」
と気にしている人も多いと思います。
私は以前、接客業をしていたこともあり、やはり口臭は常に気になっていました。
誰かに指摘されたとか自分で匂いが気になったというわけではありませんが、母と姉が近づくと少し口臭がするので、もしかして私も自分では気にならないけど口臭があるかもしれない、と思ったこともあり、口臭を気にするようになったんです。
基本的な口臭対策としてはまずは歯磨きなので、昼食を取った後は必ず歯磨きを欠かしませんでしたし、夕方以降になるとできるときはもう一度簡単に歯を磨いたり、それが難しければガムを噛んだりして口臭予防をしていました。
歯磨きをすることで歯についた汚れや匂いを取り除くことができますし、虫歯予防にもなりやはり一番効果的な口臭対策だと思います。

磨くだけで口臭が消えていく?なたまめ歯磨き粉

最近新聞広告に大きく掲載されている「なたまめ歯磨き粉」が気になって仕方ありません。
お口の臭いがひどく、側に寄るのも嫌だとか、その人がしゃべるだけでオエ~っとなりそうだ、という人が使うと、いつの間にか臭いが気にならなくなっていたという、摩訶不思議な歯磨き粉なのです。
特に、おじいちゃん、おばあちゃんの口臭が気になったので使ってもらっているという方が多いようなのですが、そこまで匂っていた口臭が、いつの間にかしなくなるなんて全く信じがたい話。
でも、本当に口臭が気にならなくなるなら、ちょっと使ってみたいですよね。
自分の口臭ってなかなか気づかないし、もしかしたら知らないうちに人さまにご迷惑をかけてしまっているかもしれませんから。
今度、新聞広告にのっていたら、とりあえず臭くはないけど、旦那様に試してもらおうかと思っています。

おすすめブログ
口臭は簡単に治せます!口臭完全治療ナビ

歯周病対策には歯磨きが基本

歯周病は30代になると起こりやすい歯茎の病気です。
人間の歯を支えている骨である歯槽骨が溶ける事によって起こります。
歯槽膿漏とも言われている病気ですが、一度なってしまうと骨を元通りには出来ないのです。
歯を支えている土台の歯茎が弱って、歯がグラグラしたらもう手遅れです。
普段の生活の中で、歯周病は予防する事が大切です。
歯磨きによる予防が基本で、正しい歯磨きが出来ているか歯医者で確かめてみましょう。
歯周病の原因のプラークが除去されていないと、正しい歯磨きが出来ているとは言えません。
歯周病対策用の殺菌作用がある歯磨き粉を使うようにすると、より効果的です。
しっかりとした歯磨きで、歯周病になるのを防ぎましょう。